い し は ん
平塚 
幸せなお墓づくりを演出します。

霊園・墓石・お墓に関してお気軽にご相談ください。
  フリーダイヤル
0120-58-6616

お問合せ
 
home
平塚市土屋霊園
平塚霊園「那由佗の郷」
茅ヶ崎霊園「永久の郷」
各宗寺院
永代供養墓 
お墓の改修リフォーム 
お墓のお引越し(改葬)
生前のお墓(寿陵)
ペットのお墓
お墓Q&A
お客様の声 
石半3つの安心 
会社概要

 曹洞宗 龍源寺 地域のためにお寺としてできることを  
 TOP ▸寺院紹介 ▸永代供養墓 お寺の魅力を探る

 お寺というと葬儀や先祖の法事を行うところ、というイメージばかりだが、平塚市片岡の龍源寺では「亡くなった人のご供養だけでなく、生きている人のためにお寺としてできることは」、と数年前から新たな試みに取り組んでいる。

 「私が子どもの頃、この辺り住んでいたのは100世帯ほどだった」と話す山室住職。お盆の頃に檀家回りをすると各家々で親類縁者が『生御霊(いきみたま)』と呼ぶ、栄養補給と一族の親睦を深める宴会を開いていたものと振り返る。

 「少し前のお寺は冠婚葬祭に利用される集会の場だった。時代と共に役目が変わってきたが、お寺として檀家さんはもちろん、一般の方にも喜ばれるよう努力をしていきたい。」
 その一つが『大般若会(だいはんにゃえ)』。三蔵法師がインドから持ち帰った600巻の経典をバラバラと振って起きる風で祈祷する法会。
 ほかに月に一度の写経の指導、鈴(リン)と鉦(しょう)を鳴らしながら五七五七七にメロディーをつけて唱える『梅花流詠讃歌(ばいかりゅうえいさんか)』など新しい取り組みを始めている。

 「まだ始めたばかりなのでこれからだと思うが、接する機会が少ない人たちともお会いできた。これから徐々に浸透させていきたい。」
(平成18年5月)

   Copyright(C) 2018 Hiratsuka Ishihan Corporation. All rights reserved.